映像制作Video Production

最もエモーショナルにメッセージを伝える
「映像」メディアで、気持ちと行動の変化を促します。

リンクアンドモチベーショングループの基幹技術「モチベーションエンジニアリング」では、人を「限定合理的な感情人」と定義しています。これは、人は損得勘定だけで思考・行動するのではなく、感情によって思考・行動が左右される、ということです。
一見、合理的な経済軸のみで判断していそうな投資家でも、合理(定量数値)と情理(感情に訴求するストーリー)の両輪で投資判断を行っています。特に、昨今、その動向に注目が集まる個人投資家に、自社のファン投資家となってもらうためのアプローチは、単純にフェアディスクローズを行えばよいというものではありません。
私たちは、多くの労働市場、資本市場のステークホルダーの動向から分析した「合理軸」のメッセージを感情に訴求する「情理軸」のストーリーとして設計し、的確に視聴対象の心に伝わる映像を制作します。

プロダクト例
(1)ミッションムービー
情理軸で、企業理念と事業への共感を生む
(2)エビデンスムービー
合理軸で、決算で開示した数字や定量情報をもとに自社の事業がどの程度市場から支持されているかを伝える