catch-img

IR担当者必見!効率的な統合報告書の制作プロセス完全ガイド

統合報告書の制作は、企業が財務と非財務のパフォーマンスを一体化し、持続可能性への取り組みをストーリーで示すため、経営を巻き込んだディスカッションができる貴重な機会です。この記事では、統合報告書の制作プロセスにおける重要なポイント、チーム構築の方法、コンテンツの作成、法的要件の遵守、そしてデジタルツールの活用など、IR担当者が押さえるべき重要な要素を詳細に解説します。
統合報告書を通じて、企業の真の価値と長期的な目標を投資家やステークホルダーに効果的に伝えるためのガイドとして、本記事をご活用ください。

目次[非表示]

  1. 1.統合報告書の重要性とIR担当者の役割
  2. 2.統合報告書を制作するメリット
    1. 2.1.ステークホルダーとの関係強化
    2. 2.2.市場における競争優位性の強化
    3. 2.3.長期的な価値創造の実証
    4. 2.4.自社の経営情報を整理・社内共有できる
  3. 3.統合報告書の制作プロセスとポイント
    1. 3.1.プロジェクト計画とチームの構築
    2. 3.2.マネジメントメッセージとストーリー
    3. 3.3.情報収集とデータ管理
    4. 3.4.コンテンツの作成と編集
    5. 3.5.デザインとビジュアライゼーション
    6. 3.6.法的要件とコンプライアンス
    7. 3.7.校正、承認、公開
    8. 3.8.対話と改善
  4. 4.デジタルツールとテクノロジーの活用
    1. 4.1.統合報告書の制作におけるデジタルツールの役割
    2. 4.2.新しいテクノロジーによる効率化と質の向上
  5. 5.コミュニケーション戦略: 投資家へのアプローチ
    1. 5.1.統合報告書を活用した投資家とのコミュニケーション戦略
    2. 5.2.効果的なプレゼンテーションと質疑応答の準備
  6. 6.統合報告書の作成支援サービスの留意点
    1. 6.1.専門性と経験
    2. 6.2.法規制とコンプライアンスの理解
    3. 6.3.カスタマイズと柔軟性
    4. 6.4.コストと価値のバランス
  7. 7.まとめ
  8. 8.統合報告書の作成についてよくある質問
    1. 8.1.統合報告書を制作する際の最初のステップは何ですか?
    2. 8.2.統合報告書の制作にはどのようなチームが必要ですか?
    3. 8.3.統合報告書の効果的なコンテンツとはどのようなものですか?



統合報告書の重要性とIR担当者の役割

統合報告書は、財務および非財務情報を組み合わせた企業の包括的なレポートです。これは、投資家やステークホルダーに対し、企業の持続可能性と長期的な価値創造のビジョンを明確に伝える重要なツールとなっています。IR(Investor Relations)担当者にとって、統合報告書の効果的な制作は、企業価値の伝達と理解を深めるために不可欠です。

本ガイドでは、IR担当者が効率的かつ効果的に統合報告書を制作するためのステップバイステッププロセスを紹介します。法的要件の遵守からデータ管理、コンテンツの作成、デザイン、ビジュアライゼーションに至るまで、制作プロセスの各段階におけるベストプラクティスを詳しく解説していきます。


統合報告書を制作するメリット

統合報告書を制作することで、企業にとっては多くのメリットがあります。株主に対して自社のメッセージや魅力を届けるのはもちろん、社内での情報整理や意識のすり合わせなどができるようになります。


ステークホルダーとの関係強化

統合報告書は、ステークホルダーとの関係強化においても重要な役割を果たします。透明性の高い報告は、企業の責任と誠実性を示すことで、投資家、顧客、従業員、地域社会などのステークホルダーとの信頼関係を築きます。

特に、社会的責任や持続可能性に対する企業の取り組みを明確に示すことで、企業の評判とブランド価値を高め、より強固な顧客基盤と投資家信頼を構築することが可能になります。これにより、企業は長期的なビジネス関係を維持し、さらには新たなビジネスチャンスを引き寄せることも期待できます。


市場における競争優位性の強化

統合報告書の公開は、市場における競争優位を確立するための強力なツールです。これにより、企業は自らの持続可能性や社会的責任に対する取り組みを明確に示し、特にESG(環境、社会、ガバナンス)に関心を持つ投資家や顧客にアピールすることができます。

ESG指標への注目が高まる現代において、統合報告書は企業の責任ある経営姿勢を示す重要な手段となり、投資家や市場からの評価を高めることが可能です。結果として、これらの報告は企業の市場での差別化に貢献し、長期的な成長と競争力の向上に繋がります。

長期的な価値創造の実証

統合報告書は、企業が持続可能な成長と長期的な価値創造に取り組んでいることを示す重要な手段です。経済的パフォーマンスだけでなく、社会的、環境的影響にも焦点を当てることで、企業の全体的な健全性と戦略的なアプローチが反映されます。

これにより、投資家やステークホルダーに対して、単なる短期的な利益ではなく、長期的なビジョンと価値の創造をアピールすることができます。持続可能なビジネスモデルへのコミットメントは、企業の将来の成長潜在力を示し、投資家にとって魅力的な投資先としての位置づけを強化します。


自社の経営情報を整理・社内共有できる

統合報告書の制作は、企業内での情報の透明性と整合性を高めることで、経営の効率化に大きく寄与します。このプロセスを通じて、財務情報、戦略、リスク、機会などの多様なデータが統合され、組織全体の理解と調和が促進されます。

社内の意思決定者や従業員は、一貫した情報を共有し、戦略の策定と実行においてより一層の協力を促進することが可能になります。また、社内の各部門間での情報の透明性を高め、経営を巻き込んだディスカッションを重ねることで、より効果的なコミュニケーションと意思決定が行え、組織全体としての効率性と生産性の向上が期待できます。


統合報告書の制作プロセスとポイント

IR担当者にとって、統合報告書の制作プロセスは、投資家との信頼を築き、企業価値を適切に伝達するための鍵となります。この記事では、統合報告書の制作における主要なステップとベストプラクティスを紹介し、IR担当者が成功に導くための戦略的アプローチを提供します。

プロジェクト計画とチームの構築

統合報告書の制作は、計画的なアプローチと専門知識を要するチームワークが求められます。まず、明確なプロジェクト計画を立て、必要なリソースとタイムラインを確定させます。この段階では、報告書の目的とスコープを定義し、キーステークホルダーを特定します。

チームの構築においては、財務、法務、マーケティング、CSR、ITなど、様々な部門からの専門家を集めることが重要です。各メンバーの役割と責任を明確にし、効果的なコミュニケーションを確保するための定期的なミーティングを設定します。また、外部の制作会社やコンサルタントの協力も検討することで、報告書の品質をさらに高めることができます。

マネジメントメッセージとストーリー


統合報告書において最も重視されるのは、経営者のメッセージです。経営者自身が、自社の未来の稼ぐ力への道筋、つまり価値創造ストーリーのピースをどのように組み立てているのかを、自身の言葉で語ることが重要です。また、近年では社長メッセージだけでなく、社外取締役のメッセージや対談にも注目が集まっています。社外取締役のメッセージや対談で重要なことは、社内ではなくあくまで「社外」の取締役の目線から、自社の強みや課題を客観的にメッセージすることです。


情報収集とデータ管理

統合報告書において1つの大きな壁となりやすいのは、財務情報と非財務情報の収集と整理です。財務データはもちろん、環境、社会、ガバナンス(ESG)関連の指標も重要な要素です。データ収集はシステマティックに行い、情報の信頼性と一貫性を保つ必要があります。

データ管理においては、収集した情報を効率的に整理し、アクセスしやすい形で保管することが重要です。これには、適切なデータベースソフトウェアの使用や、チームメンバー間での情報共有方法の設定が含まれます。また、機密情報の取り扱いに関する厳格なガイドラインの遵守も不可欠です。


コンテンツの作成と編集

統合報告書のコンテンツは、企業の戦略、業績、見通しを正確にかつ魅力的に伝える必要があります。コンテンツ作成の初期段階では、報告の主要なメッセージとストーリーを明確にし、それに基づいて各セクションの概要を作成します。ここでは、財務指標だけでなく、企業の社会的責任、環境への取り組み、経営の透明性など、多角的な視点が求められます。

編集プロセスでは、情報の正確性と一貫性を保ちつつ、読み手にとってわかりやすく魅力的な内容にすることが重要です。言葉遣い、トーン、スタイルの一貫性を保ちながら、専門用語の過度な使用を避け、簡潔で明瞭な表現を心がけます。また、関連部門や外部のレビュアーによる厳密な校正を経て、内容の正確性を確保します。


デザインとビジュアライゼーション

効果的なデザインは、統合報告書の読みやすさと視覚的魅力を大きく左右します。クリアで一貫したレイアウト、視覚的に訴えるグラフィックス、情報のビジュアライゼーションが重要な要素です。これにより、複雑なデータや情報も直感的に理解しやすくなります。

グラフィックデザインにおいては、企業のブランドアイデンティティと一貫性を保ちつつ、情報を効果的に伝えるビジュアル要素を取り入れます。インフォグラフィック、チャート、図表などを活用して、数値データを視覚的に表現し、読者の注目を引きます。また、デジタル版報告書の場合は、インタラクティブな要素やナビゲーションの使いやすさも考慮する必要があります。


法的要件とコンプライアンス

統合報告書の制作においては、法的要件と業界のコンプライアンス基準を遵守することが不可欠です。これには、財務報告の規制、企業ガバナンスに関する規則、業界固有の開示基準などが含まれます。IR担当者は、これらの要件を理解し、報告書がすべての関連法規と一致していることを確保する責任があります。

コンプライアンスのためには、法務部門との緊密な連携が求められます。また、最新の法規制の変更に敏感である必要があり、定期的な法的レビューを通じて、報告書が常に最新の要件を満たしていることを保証します。これには、外部の法律顧問の意見を求めることも含まれる場合があります。

校正、承認、公開

最終稿が完成したら、厳密な校正プロセスを経て、報告書の品質を最終確認します。この段階では、文法やスタイル、データの正確性に加えて、全体の一貫性と流れを確認します。また、内部承認プロセスを通じて、経営陣や関連部門からの最終承認を得ることも重要です。

公開の準備が整ったら、報告書を適切なプラットフォームで公開します。これには、印刷版の配布や、企業ウェブサイト上でのデジタル版の公開が含まれる場合があります。また、投資家やステークホルダーへの直接的なコミュニケーションを通じて、報告書のリリースを伝え、関心を喚起することも重要です。


対話と改善

統合報告書を開示した後、読者となる機関投資家や、社員と対話することが重要です。投資家やその他のステークホルダーとの対話から得られる意見は、報告書の内容や形式に関する貴重な洞察を提供します。また、ステークホルダーからのフィードバックは、企業の透明性とステークホルダーとの関係強化にも寄与します。

フィードバックを効果的に収集するためには、アンケート、直接的なインタビュー、ソーシャルメディア上の反応など、多様な方法を利用します。収集した意見を分析し、次回の報告書の内容、構成、デザインの改善点として取り入れることができます。

▼統合報告書に盛り込むべき内容についてはこちら

  統合報告書の重要性とその作成におけるポイントを解説。 | 株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ 統合報告書の重要性とその作成におけるポイントを解説。ESG経営やDXの取り組みを組み込むことで、企業の持続可能性と成長性を示す方法を紹介。 株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ



デジタルツールとテクノロジーの活用

デジタルツールとテクノロジーは、統合報告書の制作プロセスを根本的に変革します。最新のデジタルソリューション、AI、ビッグデータ分析などを活用することで、情報収集、データ管理、コンテンツ作成からデザイン、公開までの各ステップが効率化され、品質が飛躍的に向上します。

これらのテクノロジーは、IR担当者にとって貴重な資源となり、統合報告書の精度と影響力を大きく高めることが可能です。


統合報告書の制作におけるデジタルツールの役割

デジタルツールは、統合報告書の制作を効率化し、品質を向上させる重要な要素です。データの収集と管理、コンテンツの作成、デザイン、さらには公開まで、デジタルツールを活用することで、これらのプロセスがよりスムーズかつ正確に進行します。例えば、クラウドベースのデータ管理システム、コンテンツ管理システム(CMS)、デザインツールなどがあります。

新しいテクノロジーによる効率化と質の向上

AIや機械学習、ビッグデータの分析ツールなどの新しいテクノロジーを活用することで、統合報告書の制作プロセスはさらに進化します。これらの技術を用いることで、データの収集と分析が高速化され、より深い洞察を提供する報告書を作成することが可能になります。また、自動化ツールは、繰り返し作業を削減し、IR担当者がより戦略的な業務に集中できるよう支援します。


コミュニケーション戦略: 投資家へのアプローチ

統合報告書は、投資家との効果的なコミュニケーションにおいて中心的な役割を担います。この戦略的なドキュメントを通じて、企業は自身の長期的な価値創造能力と持続可能な成長戦略を投資家に伝えることができます。

投資家へのアプローチにおいては、明確で透明性の高い情報提供と、効果的なプレゼンテーション、対話を通じて、信頼と理解を深めることが重要です。


統合報告書を活用した投資家とのコミュニケーション戦略

統合報告書は、投資家に対する強力なコミュニケーションツールです。報告書には、企業の長期的な戦略、財務および非財務パフォーマンスが包括的に記載されており、投資家との信頼関係を構築するのに役立ちます。投資家向けのプレゼンテーションや会議で統合報告書を活用することで、より透明性の高い情報共有が可能になります。


効果的なプレゼンテーションと質疑応答の準備

統合報告書を基にしたプレゼンテーションでは、キーポイントを明確に伝え、投資家の関心を引くことが重要です。グラフやチャートを用いたビジュアル化されたデータ提示は、理解を促進し、記憶に残りやすくします。また、質疑応答のセクションでは、事前に予想される質問に対する準備とともに、柔軟な対応を心がけることが求められます。

統合報告書の作成支援サービスの留意点

統合報告書を作成するにあたって、コンサルティング会社や広告会社、印刷会社などに作成支援を依頼する場合があるかと思います。

統合報告書の作成を支援するサービスを選択する際には、いくつかの重要な点を考慮する必要があります。以下は、サービス選択時の主要な留意点を5つの項目に分けて記載したものです。

専門性と経験

統合報告書を作成する際には、サービス提供者の専門知識と経験が不可欠です。特に、財務データと非財務データの両方を理解し、統合する能力が求められます。また、業界特有の要件やトレンドに精通しているかどうかも重要なポイントです。サービス提供者が過去に手掛けたプロジェクトの実績や、関連分野での経験を詳細に確認することで、その専門性を判断することができます。

法規制とコンプライアンスの理解

統合報告書は、多くの法的要件とコンプライアンス基準を満たす必要があります。サービス提供者がこれらの要件に精通しているかどうかは、報告書の法的リスクを最小限に抑える上で重要です。特に、国際基準や地域ごとの規制の違いを理解し、適切にアドバイスできる能力を持つサービス提供者を選択することが重要です。

カスタマイズと柔軟性

統合報告書は、企業ごとに異なるニーズに応じてカスタマイズされる必要があります。サービス提供者が顧客の特定の要件に柔軟に対応できるかどうかは、効果的な報告書作成のための重要な要素です。個々の企業の戦略や文化に合わせたカスタマイズの提供が可能かどうかを確認し、柔軟性とカスタマイズのレベルを評価することが重要です。


コストと価値のバランス

最後に、サービスのコストと提供される価値のバランスを考慮することが重要です。高品質なサービスであっても、そのコストが企業の予算を超えている場合、実用的ではありません。サービスの価格設定を詳細に検討し、提供されるサービスの範囲、品質、効果とコストを比較検討することで、最適なサービスプロバイダーを選択することができます。


まとめ

統合報告書の制作は、企業の透明性と信頼性を高めるための重要なステップです。この記事では、統合報告書の効果的な制作プロセス、チームの役割、コンテンツの質、法規制への準拠、そして最新のデジタルツールの活用方法を深く掘り下げました。

これらのポイントを適切に活用することで、企業は投資家や他のステークホルダーに対して、その持続可能性と長期的な価値創造戦略をより明確に伝えることができます。統合報告書の制作プロセスは単なる義務ではなく、企業価値の向上とステークホルダーとの関係強化の機会であり、何より経営を巻き込んだディスカッションの機会をつくることができるという点を、IR担当者は常に念頭に置くべきです。


統合報告書の作成についてよくある質問


統合報告書を制作する際の最初のステップは何ですか?

統合報告書の制作を開始する最初のステップは、企業の目的と戦略の明確化です。これには、企業のビジョン、使命、価値観を理解し、それらをどのように報告書で表現するかを決定する作業が含まれます。

さらに、統合報告書の対象となるステークホルダーを特定し、彼らの情報ニーズを理解することも重要です。この段階では、財務情報だけでなく、環境、社会、ガバナンス(ESG)に関する要素も考慮に入れる必要があります。明確な目的と戦略が設定されることで、報告書全体の構成や内容の方向性が決定され、効果的な報告書制作につながります。


統合報告書の制作にはどのようなチームが必要ですか?

統合報告書の制作には、多様な専門知識を持つチームが必要です。チームは一般的に、財務、非財務、法務、コミュニケーション、サステナビリティの専門家から構成されます。財務の専門家は、財務データの正確性と一貫性を確保します。非財務の専門家は、環境や社会的影響に関する情報を提供します。

法務の専門家は、報告書がすべての法的要件を満たしていることを保証し、コミュニケーションの専門家は、報告書が明確で理解しやすい形で伝えられるよう支援します。サステナビリティの専門家は、企業の持続可能性の取り組みを適切に反映させます。これらのチームメンバーが協力し合うことで、包括的で信頼性の高い統合報告書の制作が可能になります。

統合報告書の効果的なコンテンツとはどのようなものですか?

統合報告書の効果的なコンテンツは、企業の全体的な価値創造ストーリーを明確かつ包括的に伝えるものです。これには、財務的成果だけでなく、非財務的成果、特に環境、社会、ガバナンス(ESG)に関する情報が含まれます。

効果的なコンテンツは、企業の戦略、リスク、機会、パフォーマンスを結び付け、投資家やその他のステークホルダーが企業の長期的な価値創造能力を理解できるようにします。また、コンテンツには、企業のビジョンと使命、持続可能性への取り組み、社会的責任、将来の見通しなどが明確に示されるべきです。読者が容易に理解できるよう、明瞭かつ一貫した言語を使用し、必要に応じてグラフィックやビジュアルを活用することが推奨されます。

  お問い合わせ 株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズへのお問い合わせフォームです。IRに関するお悩みやお困りごとについて、お気軽にお問い合わせください。 株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ


icon_youtube

icon_contact
ページトップへ戻る