「投資判断に資する個人投資家コミュニケーションとは」
「企業価値向上のための非財務情報の可視化戦略」3月15日(水)~3/22(水)IR・サステナビリティ担当者向け無料WEBセミナーを配信

株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ(本社:東京都中央区 代表:白藤大仁)は、3月15日(水)~3月22日(水)に、2つのセミナーを配信します。

元投資家が考える! 投資判断に資する個人投資家コミュニケーションとは?

■セミナー概要

3/15(水)~3/19(日)
「投資判断に資する個人投資家コミュニケーションとは ~伝える→伝わる→その先へ~」
お申し込みはこちら⇒https://www.link-cc.co.jp/seminar/pr_ir_communication_230315.html

若年層を中心に個人投資家のすそ野が拡大し、NISA 枠の拡充による投資への関心が高まる中、
個人投資家向けIRの重要性がさらに増しています。

価値共創ガイダンス2.0でも、企業と投資家との実質的な対話の重要性が示唆される中、
効果のでる個人投資家向けIRについて課題や困難も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、元機関投資家でありながら、現在は企業に向けて個人投資家に対してニュース解説等を提供する
株式会社Pafin代表取締役の斎藤氏をお迎えして、
「投資判断に資する」投資家との対話についてご紹介します。

■登壇者

株式会社pafin
代表取締役 斎藤 岳

2007年、ゴールドマン・サックス証券に新卒入社。
戦略投資部でPE、事業再生、不動産など幅広い分野の自己勘定投資を手掛けた後、ゴールドマン・サックス・インベストメント・パートナーズで、グローバル投資ファンドのファンドマネージャーとして、株式、債券等への投資、運用を担当。
2018年、株式会社pafinを創業、共同代表取締役を務める。YouTubeチャンネル「投資のプロが解説【トレビア】by 株式会社pafin」にて、個人投資家向けに経済ニュース解説、市場分析を発信中。

株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ
公表領域企画室 室長 一瀬 龍太朗

2010年、株式会社リンクアンドモチベーションに新卒で入社。主に財務会計・管理会計といった側面から経営企画業務に従事し、中期経営計画、IR、M&Aといったテーマに取り組み、
全社MVPを受賞。その後同社IR・PR部門を統括。
社内を巻き込む「全社一丸IR」を推進し、2年で株価10倍を経験。2019年1月より現職。

■セミナー概要

大好評につき再配信決定!
3月20日(月)~3月22日(水)
「企業価値向上のための非財務情報の可視化戦略 ~投資家が重視する知的資産・人的資産~」
お申し込みはこちら⇒https://www.link-cc.co.jp/seminar/pr_ir_seminar_230320.html

「伊藤レポート3.0(SX版伊藤レポート)」・「価値協創ガイダンス2.0」において、投資家との「実質的な対話・エンゲージメント」が提示されました。
更に、内閣官房より発表された「人的資本可視化指針」においては、「人材戦略に関する経営者の議論とコミットメント」、「従業員との対話」、「投資家からのフィードバックを通じた経営戦略・人材戦略の磨き上げ」の一連の循環的な取組の一環として可視化に取り組むことの必要性が提示されました。

ここで大切なことは、「開示項目の過多」に振り回されるのではなく、投資家目線で評価される非財務情報の「可視化戦略」を武器に、企業価値を創造することだと考えています。

本セミナーでは、人的資本経営のストーリー開示、知的資本と人的資本、事業戦略の繋がりの可視化について対話をさせていただきながら、非財務情報の可視化・開示について議論してまいります。

■登壇者

アスタミューゼ株式会社 代表取締役社長
永井 歩 氏

東京大学大学院システム量子工学専攻修了。大学ではロボット工学・人工知能を学び、大学院では数値流体力学・原子力工学を専攻。大学在学中にソフトウェア会社に入社し取締役に就任。2005年、大学院在学中にアスタミューゼ(旧パテントビューロ)を起業する。
世界193ヵ国、39言語、7億件を超える世界最大級の無形資産可視化データベースを構築し、独自に定義した136の”成長領域”と、SDGsに対応した人類が解決すべき105の“社会課題”を基に、新規事業/オープンイノベーション支援事業、データによる未来戦略構築、社会課題解決支援SaaS事業、データ分析による企業価値・無形資産評価事業等を立ち上げる。その中で、多数の大企業に対して、各企業の保有データを駆使した新規事業立ち上げ、既存事業のDXを支援。
特に、データセンシング、データクレンジング、データマイニング等のビッグデータ関連テクノロジーに精通。各大学(東京大学、京都大学、東工大など多数)、事業構想大学院大学、内閣府、経済産業省、特許庁、経済同友会などの大学・組織で、未来予測、最先端テクノロジー(量子・宇宙・3Dプリンター等)のR&D/知財戦略に関する講演に多数登壇。

株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ
代表取締役社長 白藤 大仁

2006年リンクアンドモチベーション入社、同社の採用支援部門の事業部長を務め、業務効率向上コンサルティング等に従事。
2015年には新規グループ会社を設立。企画室室長としてマーケティングやセールスプロセス構築のコンサルティングに従事した経験を持つ。多くの経営者および経営ボードとの実務を経て、2019年に株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズの代表取締役社長に就任。
「オンリーワンの、IRを。」をメインメッセージとし、企業のオンリーワン性を導き出すことで、IR活動や経営活動を支援する事業を行う。

icon_twitter

icon_contact
ページトップへ戻る