サステナビリティと長期戦略の統合に向けて ~統合報告における、コーポレートストーリーの組み立て方~

■ セミナー内容

第一部 基調講演 「コーポレートストーリーの組み立て方」
第二部 パネルディスカッション「これからの統合報告の論点」
第三部 質疑応答

コーポレート・ガバナンスコードが改訂され、上場企業は今後さらにステークホルダーへの非財務情報開示が求められてきました。
特に、サステナビリティやESGへの開示や取り組みは、それぞれの企業毎に存在する長期戦略やビジネスモデルの深化を前提とする「コーポレートストーリー」と紐づいていることが非常に重要となってまいります。

カーボンニュートラルなどサステナビリティシフトしていくメガトレンドを踏まえて、企業は長期の企業価値創造のストーリーをいかに描き、ステークホルダーとエンゲージメントしていくべきなのか。本セミナーでは一般社団法人 株主と会社と社会の和 代表理事 山崎 直実 氏をゲストに招き、企業の長期戦略の深化のポイントを探ってまいります。


■ 登壇者

写真
一般社団法人 株主と会社と社会の和
代表理事 山崎 直実氏

1985年㈱資生堂入社。2003年よりコーポレートガバナンス、ディスクロージャー、株主総会・株式実務を担当。国内外機関投資家や議決権行使助言会社、ESG調査機関、年金基金等との対話を重ね、IR/SRを推進。2014年資生堂を退職。同年、一般社団法人株主と会社と社会の和 代表理事(現任)。企業向けに、IR/SR、ESGコミュニケーションのアドバイザリーを務める。
また、2017年一般社団法人 機関投資家協働対話フォーラムを設立、代表理事事務局長に就任。現在、国内大手機関投資家5社が参加し、日本初の集団的エンゲージメントを行う組織として、企業の長期的な価値向上を促進する活動も行っている。
経産省「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~(伊藤レポート)」委員、同省「コーポレートガバナンスの開示の在り方分科会」委員を歴任。


株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ
メディアプロデュースユニット ユニットマネージャー 砂川 祐恵

株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ
林 和樹

以下のフォームに情報をご入力の上、送信いただくことでお申し込みが完了いたします。
また、ご入力いただいた内容はプライバシーポリシーに沿って管理し、お客さまの承諾なく、第三者に開示・提供することはございません。
※セミナーご視聴用URLはお申込みいただいた方に、セミナー当日にメールにてご案内します。

必須お申込みセミナー
※申込受付は終了いたしました
※9月29日(水)に開催の同セミナーの録画配信となります
※録画セミナーの再生時間は90分程度となり、配信当日9:00~20:00の間視聴できます