コーポレートコミュニケーションをWEB・動画・紙などのメディア制作で支援

MENU

セミナー情報

統合報告書セミナー2017

統合報告セミナー2017 本当のエンゲージメントを生む統合報告ストーリー 効果的なESGコミュニケーションをふまえた統合報告書のつくり方

各位

昨今の大きな変化の中で、多くの日本企業が統合報告書の在り方について模索しています。しかし、世にある統合報告書の中には、フレームワークに適合するためだけの表層的な情報開示にとどまり、そもそもの目的や果たすべき役割を見失っているものも多いように感じられます。
私たちは、統合報告書とは長期投資家とのエンゲージメントを加速するためのツールであり、ESG 情報に関してもエンゲージメントに寄与するストーリー設計が必要だと考えています。
本セミナーでは、機関投資家、発行体、研究者の方々をゲストに迎え、それぞれの異なる立場から、エンゲージメントに寄与する統合報告書とは何かについて語ります。ご多忙のこととは存じますが、ぜひご参加賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
主催 株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ
代表取締役社長 押見 史久

日時 2017年9月21日(木) 15:00~17:50(14:30開場)
対象 IR部門、経営企画部門の責任者の方など
(1社3名様までのお申し込みとさせていただきます)
※同業他社様等のお申し込みはご遠慮いただいております。
場所 ベルサール汐留 2F ホールA
東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル
アクセスマップ
・ 「汐留駅」徒歩5分(大江戸線・ゆりかもめ)
・ 「新橋駅」徒歩8分(ゆりかもめ・JR・銀座線・浅草線)
登壇者
写真 青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科教授
北川 哲雄氏
日本IR協議会のIR優良企業賞審査委員長、日経アニュアルリポートアウォード審査委員長などを務める。
写真 ニッセイアセットマネジメント株式会社 チーフ・コーポレート・ガバナンス・オフィサー
井口 譲二氏
アナリストリサーチの統括とスチュワードシップ活動の責任者、ICGN理事、日経アニュアルリポートアウォード最終審査委員などを務める。
写真 中外製薬株式会社 広報IR部長
内田 誠彦氏
2015年、2016年と2年連続の日経アニュアルリポートアウォード最優秀賞の受賞を始め、多数の外部評価を獲得している同社の広報IR責任者を務める。
株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ シニアコミュニケーションディレクター
秋山 和王
ブランド戦略・IR コンサルタント。レポート制作は15年以上の経験があり、数々の企業を支援。
料金 無料
主催 株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ
申し込み 参加のお一人様につき一回ずつ入力をお願いします。
【受付終了】9月21日(木) 開場14:30 開演15:00 終了17:50 ベルサール汐留 2F ホールA

次第
15:00~15:10 主催者からのご挨拶
15:10~15:50 高度なESG情報開示を行うためのロードマップ
青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科 教授 北川 哲雄氏
「企業に対してESG情報開示要請が高まってきている。比較可能性・独自性・網羅性・企業価値関連性すべてを備えたESG情報開示の格段の充実が企業に望まれる時代となった。しかし、具体的にどのように充実させていくべきかについては、各社のこれまでの作成状況により、さまざまな方法が模索されることになる。本講演では充実に向けてのロードマップを示したい」(北川氏より)
15:50~16:10 投資家から見た統合レポートの役割について
ニッセイアセットマネジメント株式会社 チーフ・コーポレート・ガバナンス・オフィサー  井口 譲二氏
日本の統合レポートは大きな進化を遂げています。グローバル投資家の見方もふまえ、投資家にとって望ましく、また投資家の心に響く統合レポートについてお話しします。
16:10~16:20 休憩(10分)
16:20~16:45 エンゲージメントの起点となる成長ストーリーの設計技術
~きれいごとではない、自社が語るべきストーリーとは~

株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ シニアコミュニケーションディレクター 秋山 和王
長期投資家が知りたいことと、企業が訴求したいことを接続させ、どのようにエンゲージメントに寄与する長期の成長ストーリーを設計していくか。30年以上にわたりアニュアルレポート・統合報告書制作を支援してきたブランディング支援会社ならではの視点で、多くの企業との意見交換を通じて培ったストーリー構築のポイントをお伝えします。
16:45~17:50 統合報告の最前線を知る4名による“本気”のパネルディスカッション
~本当のエンゲージメントを生む統合報告とは~

投資家とのエンゲージメントを生む統合報告書に求められるものとは何か。事前に参加者の皆さまからご質問も募集し、多くの企業が悩み、模索している論点について、まったく異なる立場の4名で“本気”の意見交換を行います。巷にあふれる予定調和的なパネルディスカッションとは一線を画し、パネリストが本当に思う生の声を、参加者の皆さまとの双方向でお届けします。
 ※ご質問はお申し込みフォームにて受付いたします。
 
<パネリスト>
青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科 教授 北川 哲雄氏
ニッセイアセットマネジメント株式会社 チーフ・コーポレート・ガバナンス・オフィサー 井口 譲二氏
中外製薬株式会社 広報IR部長 内田 誠彦氏
<ファシリテーター>
株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ シニアコミュニケーションディレクター 秋山 和王